うろここる ~ウロコインコのここるの日常~

ウロコインコパイナップルのここるの成長記録

プロフィール

f:id:urococolu:20180510163844j:plain

ここる

ホオミドリアカオウロコインコ パイナップル

2018年4月8日生まれ
茨城県のウロコインコブリーダーさん「インコの里」出身 

4月25日に生後18日で我が家にお迎え

 

f:id:urococolu:20180510163740j:plain

ここる飼い主@チアキ

千葉県船橋市のとある閑静な住宅地にて、ここるを育てている。

パートナーの花ちゃんとイモリのイモたん・イモちとここると暮らす。

小さいころから動物好きで、犬・猫・小動物・鳥・魚・両生類・虫などの飼育経験あり。小さいころ近所のお母さんたちには「動物博士」と呼ばれていたハンター。

20代~30代はオカメインコ・猫・大型犬(フラットコーテッドレトリーバー)との暮らしを満喫しながら、健康のこと、食べ物のこと、体の仕組みのことなどを学ぶ機会に恵まれ「自然との調和」への関心を高める。

幼稚園生の頃からセキセイインコを飼い始め、小学5年生でオカメインコをさし餌で育て上げ、享年27歳5か月というご長寿を達成。

愛犬を見送ってから5年、パートナー(人間)と暮らしていたけれど、このたび晴れてここるをお迎えすることに!

愛犬のトレーニングの経験を活かし、さらなるチャレンジとしてここるとのバードトレーニングで関係性を深めることが夢。

f:id:urococolu:20180510154857j:plain
主な活動歴f:id:urococolu:20180510154857j:plain

動物編

2002年頃から愛犬の適正飼育啓発の地域ボランティア活動を経て、2003年からは本来の生態を理解・尊重し、獣医さんや薬に頼りすぎない自然流犬育てを提唱するドッグライフコンサルティングショップに勤務。

超絶玄人オーナーの右腕としてショップの運営企画を経て、現在はHP・オンラインショップ・ブログの製作運営管理を担当しながら、しつけ・食育・健康管理などあらゆる事例について、飼い主さんに必要なアクションをアドバイスするオンライン窓口&広報係として活動中。

アーティスト編

インコ曼荼羅塗り絵の製作の他、2018年夏都内・京都にてレジンアート作品の展示会出展予定。アート作品のオンラインショップ運営、アート系ワークショップを主催。